Blog Life Study

DMM英会話を2年間使い倒してみてわかった、おすすめポイント5点とおしいポイント3点

Blue
Blue

こんにちは、Blueです。

帰国子女でもなく英語圏への留学経験もない私ですが、いつか海外で働く事を目指して、目下MBA取得を目指して、日々英語勉強に明け暮れる毎日です。

今回はそんな私が、DMM英会話を2年間使い倒してみてわかった、“おすすめポイント”5点と“おしいポイント*”3点を記事にしてみました。

*基本的には慣れると普通に使いこなせるので“残念な”と言う程でもないのですが、たまに「おしいなぁ…」と感じてしまうこともあるので、“おしいポイント”とさせて頂きました。

 

(毎日のレッスン時間を積み上げがわかるのは地味に嬉しいです)

 

 

それでは早速、見ていきたいと思います。

項目としては次の通りです。

 

 

■おすすめポイント:

・おすすめポイント①豊富なテーマから教材を選べる

以前は、「発音」や「ビジネステーマ」を一通り終えた後は、趣味の「健康とライフスタイル」なんかをしてみたり。

各テーマの教材数はとても多いけど、どの教材も1レッスン用に作り込まれているのでとても使いやすいです。

 

ここ最近は、オリジナル教材の「TOFLE」教材を使って、実際のIELTSテストの「Speaking」のシミュレーションをしています。

でも、毎日同じことをしていると飽きるし、たまには息抜きも必要になるので、そんな時は「Daily News」を使って、講師の先生と一緒に最近の時事テーマについての会話をしています。

 

・おすすめポイント②多彩な教師陣から選べる:

実に130ヵ国の国から、講師を集めているとのことです。

(DMM英会話HPより抜粋)

 

そして講師を選ぶ際に、国毎に選ぶこともできます。

(DMM英会話HPより抜粋)

 

 

英国なまりに憧れているので、英国の先生ばかり選んでいるのは私です。

 

 

・おすすめポイント③使いこなすと圧倒的にコスパが良い

私は依然、オンラインではなく対面の英会話、いわゆる「駅前留学」と言われる対面式英会話に通っていた時期もありました。

なので対面式英会話の料金設定も知っていますが、やはりオンライン英会話の1レッスンあたりの単価は圧倒的なメリットだと思います。

私が利用している「プラスネイティプラン、毎日1レッスン」で考えた時に、1回あたりのレッスンが510円。

1回あたり数千円~が当たり前の対面式英会話と比べるとやはり圧倒的におすすめポイントだと感じます。

 

料金プラン(DMM英会話HPより抜粋)

 

・おすすめポイント④優秀な単語帳“iKnow”が使える

一昔前は、自分で紙の単語帳を作っていましたが、今は本当に便利な時代になりました(やばい、歳がばれてしまう・・・)。

AIが勝手に管理して効率的な英単語の暗記をサポートしてくれる単語帳アプリです。

 

・豊富なテーマから選べる

・正答率に応じて自分の単語帳を管理してくれる

 

 

・おすすめポイント⑤丁寧・迅速なカスタマーサポート

オンラインでレッスンを行うので、やはりネット回線のトラブルは避けて通れないと思います。

私の場合も、決して頻発するわけではないですが、やはり毎日続けていると時々たレッスンが滞りることがありました。

 

・ネットの回線が途切れてしまった為、レッスンが完遂できなかった。

・音声が聞き取れないことが続いて思うようなレッスンができなかった。

 

上記のトラブルが起きた際にも、チャットボックス経由で問い合わせをすることで、迅速に対応してもらいました。

私の場合も、多くの場合すぐに代替レッスン(レッスンチケットの発行)を用意して頂けるので、この1年間は文字通り毎日1レッスンを完遂することができました。

 

 

■おしいポイント

次に、実際にDMM英会話を使ってみて、「ここはおしいなぁ」と思ったり、「もう少し○○だったらなぁ」と思うポイントを紹介していきたいと思います。

 

・おしいポイント①1回ずつしか予約ができない

基本的に、「毎日1レッスン」のコースの場合、自分の予約したレッスンが実際に終わるまで、次のレッスンを予約することができません。

そして、人気講師や人気の時間帯は、取りたい講師で、かつ、取りたい時間ではとれないことがあります。

そんな時は、正直なところ、若干不便に感じる時があります。

ただ、お気に入りの講師を複数人持つことで、「この講師がダメでも他の講師がいるからいいや」というような気軽な気持ちで、自分の都合の良い時間や思いたったタイミングでレッスンをすることを心掛けています。

 

・おしいポイント②コースの併用ができない

毎日1レッスンをルーティンにしてしまうと、物足りないと感じることがしばしばあります。

そんなときに、「スタンダードコース」と「プラスネイティブコース」を同時に取ることができたらいいな、と思うのですがコースを併用して選ぶことはできません。

1日に2レッスンしたい場合は、毎日2レッスンをスタンダードプラン:¥10,780円、あるいはプラスネイティブプラン:¥31,200円から選ぶ必要があります。

 

ただ、「もっと場数を増やしたいけどプラスネイティブプラン¥31,200円の毎月はちょっと高いな…」と思っています。

できれば「プラスネイティブ:1レッスン(¥15,800円)+スタンダード:1レッスン(¥6,480円)=¥22,280円ぐらいが良いな」と思っているのですが、コースの併用はできないらしいです。

 

 

・おしいポイント③「スペイン語」を対応してほしい

このDMM英会話の「プラスネイティブ」コース、英語以外の学習も可能なんです。

対応している言語は、中国語・韓国語(繁体字)・日本語のコースがあります。

(恐らく、「日本語」コースは日本語を学ぶ外国の方用に作られているコースだと思います。)

 

実は私、今は英会話を重点的に話せるようにしていきたいですが、将来は、スペイン語も勉強してみたいと思っています。

DMM英会話でのアウトプットを進める中で、「言語のアウトプットってこうすれば少しずつでも話せるようになるんだー」という成長を実感できるようになってきたので、いつかはそれを「スペイン語」でもできるようになりたいと思っています。

なので、中国語や韓国語と同じ様にスペイン語のコースも作って欲しいです。

 

逆に、英語以外でも「中国語(繁体字)」や「韓国語」や「日本語」を学びたい人にとってはDMM英会話はおすすめポイントになると思います。

 

以上が、オンライン英会話であるDMM英会話を継続してみて感じたおしいポイント3点でした。

それでは最後にもう一度、おすすめポイントとおしいポイントをおさらいしておきます。

 

  • おすすめポイント①豊富なテーマから教材を選べる
  • おすすめポイント②多彩な教師陣から選べる:
  • おすすめポイント③使いこなすと圧倒的にコスパが良い
  • おすすめポイント④優秀な単語帳アプリ“iKnow”が使える
  • おすすめポイント⑤カスタマーサポートが丁寧・迅速
  • おしいポイント①1回ずつしか予約ができない
  • おしいポイント②コースの併用ができない
  • おしいポイント③「スペイン語」を対応してほしい

 

どうでしたでしょうか。

実際、いろんなオンライン英会話があり、夫々の良さがあると思いますし、共通する良さもあると思います。

今回は、私が、とんでもなく重宝しているDMM英会話についてまとめてみました。

 

■最後に

最後に、もし、この記事を読まれた方で、DMM英会話をやってみたい方がおられましたらこちらからHPもご覧頂ければと思います。

且つ、今なら無料体験もやっていますし、且つ、紹介コードなんかもあるらしいです。

もし、興味ある方が紹介コードを使って頂ければ、お互い3レッスンが無料でチケットを配布頂けるそうですので、是非使ってみてください‼

 

(紹介コード欄に:89202509を入力するか、こちらからご入会下さい)

 

皆さんも、是非、DMM英会話での勉強をご検討下さい‼
そして既に英語学習を進めている人は、一緒に頑張りましょう‼

 

それではまた次回の記事で。

 

Blueでした。

 

広告

-Blog, Life, Study

© 2022 #intothesky Powered by AFFINGER5